がん治療のとりくみ

藤木病院TOPページへ戻る

ハイパーサーミア(温熱療法)

腫瘍を43度以上に加温すると腫瘍細胞への致死効果がでてきます。恵仁会では、世界で初めての高周波ハイパーサーミア装置(山本ビニター社製:RF-8)を導入し、身体の奥深いところにできる臓器のがんを加温する温熱療法を取り入れています。

ハイパーサーミア治療装置による加熱原理

がん病巣を中心に体表から二極の電極盤ではさみます。そこから出る高周波(通信等で使われているラジオ派が、生体分子(双極子)に万回/一秒の回転を起こさせ、その摩擦運動によって自己的に発熱が起こる仕組みです。

ハイパーサーミア治療装置

正常血管と腫瘍血管を加温したとき

熱が加わると血管が膨張して、放熱する仕組みになっています。腫瘍の中を通る血管は熱を加えられても膨張しないので、高温になります。

正常血管と腫瘍血管を加温したとき

治療の効果

ハイパーサーミア治療は他の治療法との併用で、継続できればより高い治療効果が期待できます。

  • 温熱治療は直接の殺がん効果に加えて抗がん剤に対する感受性を高めるため抗がん剤の投与量を減らすことができます
    (薬剤効果向上・副作用軽減)。
  • がん増殖の原動力となる周囲環境が改善されてくれば効果は大きくなります。がん増大のポイントは動脈硬化~血流不足によるがん周囲の嫌気性環境にあります。これを高気圧酸素療法を併用し改善します。

ハイパーサーミア治療の利点

  • 二次発癌の危険性がありません
  • ほとんどの癌腫が適応となります
  • 保険適応があり、治療コストが低い

主ながんの治療結果

ハイパーサーミア治療における主ながん治療結果(切除不能膵臓癌、切除不能肝臓癌、他) PDF(1.4MB)

FAQ

Q.1
どんながんに効くの?
A:脳・眼球を除くすべての部位に適用されます。また初期、末期や、がん組織型、種類を問いません。
Q.2
保険適応はありますか?
A:健康保険が適応されます。
Q.3
治療は、何回するのですか?
A:外来では週1回。入院なら週2?3回です。当然回数の多いほうが効果があります。
Q.4
1回の治療時間は、どのくらいですか?
A:約40分間です。施行後シャワーも可能です。
Q.5
痛みはありますか?
A:太った方でチクチク感を感じることがありますが大部分の方は心地よい温熱感のみです。
Q.6
治療効果はどうですか?
A:温熱治療のみではなかなか効果が出にくい場合が多く、化学療法や高気圧酸素療法を併用して治療しており、多くの方々によい効果を得られております。

代替医療をご希望になられる患者さん、ご家族の方は、こちらで検討して害のないものであれば持ち込みの健康食品を使用することも可能です。

医療法人財団 恵仁会 藤木病院 [在宅支援病院]

外科/内科/整形外科/脳神経外科/耳鼻咽喉科/眼科/泌尿器科

【診療時間】 受付時間:(月~金)午前/08:30~12:00 午後/14:30~18:00 (土)午前/08:30~12:00 午後/14:30~17:00 休診日:日曜・祝日

【お問合せ】 TEL:076-463-1301

PAGETOP